[最終更新日:H30.4.24]

ノムコムの評判を聞いて、「一戸建てやマンションを査定してみようかな」と思った人も多いのではないでしょうか。


月間利用者数300万人で、2017年のオリコン「日本顧客満足度調査」で不動産仲介(売却)戸建て部門において総合第1位を受賞しているノムコム。

「ノムコム」は業界No.1の月間利用者数と顧客満足度1位を獲得している

※1:2017年4月現在

不動産売却査定サイト最大手の「イエイ」でさえ月間利用者数5,000人だというのに・・・。


ノムコムは、業界No.1で桁外れの利用者数をたたき出しています。


「ノムコムは利用者数が多いから、良いサービスだ!」とは言い切れませんが、少なくとも業界で最も支持されている不動産売却査定サイトです。


しかし、詳しくネット調査してみるとノムコムに悪い評判と悪評も・・・?!


「ノムコムは利用を敬遠した方がいいほど最悪?!」


不動産売却は、家族の将来をも左右する高額な取引ですから、「後悔する売り方」だけは回避したいですよね。


だからこそ、


「ノムコムは本当に高く売れるの?」
「無料なのは、何か裏があるのでは?」
「失敗も怖いし利用するには躊躇する」
「ノムコムが信用できるか理解した上で利用したい」


このような方も少なくありません。


そこで今回、現役時代に約2300件の不動産売却に関わらせていただいた元業界人がノムコムの悪い評判や悪評を検証し、ノムコムの弱みと強みを徹底解説していきます。


「ノムコムの評判と口コミ検証ブログ」の流れは、前半で、ノムコムの悪い評判や悪評からノムコムの真相を暴露していきます。


さらに、ノムコムの評判や口コミに関して元プロである羽生守(はにゅうまもる)が実際にマイホームを売却して徹底検証していきます。


後半では、ノムコムが他の不動産売却査定と異なる点、ノムコムならではの特徴をお伝えし、最後までお読みいただいた方にはノムコムで賢く不動産を売却する”ある方法”についてもこっそり教えちゃいます。


「ノムコムの評判と口コミ検証ブログ」を読むことで、少しでもあなたが理想的な不動産売却を達成できるために、お役に立てたら幸いです。

わたしの現役時代、初めは「売れればいい」と希望されていた方も、売却活動を進めるうちに「家族のことを思うと、後悔しないように1円でも高く売りたい」と賢く売却する術(すべ)を探求しはじめる売り主も数多く見てきました。

やはり、一家の大黒柱として守るものがあると、少しでも高く売りたくなるものです。

「ノムコムの評判と口コミ検証ブログ」には、後悔しないように1円でも高く売るためのヒントがたくさん書かれていますので、ノムコムに興味がある方もそうでない方も、「ノムコムの評判と口コミ検証ブログ」をお読みいただければ何かしらの気付きを得ていただけると思います。

7分ほどあれば、すべての文章をお読みいただけますので、よろしければ下にスクロールしてお読みください。



それでは、まいりましょう!

ノムコムの悪い評判と悪評を徹底検証!

ノムコムには、どのような悪い評判と悪評があるのか早速見てみましょう。


しつこい勧誘電話の来るのがオチ
無料で査定できるなんて、怪しいよね。ノムコムで査定依頼したら、しつこい勧誘電話が鳴り止まなくなるでしょ。

ノムコムの評判と口コミ検証ブログに寄せられた口コミ
こんなオイシイ話があったらみんなやってる
家やマンションは「買う」よりも「売る」の方が10倍難しいんだから、相場より高く売るなんて絶対無理。
ノムコムで見積もりすれば高く売れるなんておいしい話があったらみんなやってるよ。

ノムコムの評判と口コミ検証ブログに寄せられた口コミ
地元不動産の方が好き
どちらかと言うと、地域密着型で経営している地元不動産の方が、アットホームな雰囲気でわたしは好き

Twitter
ノムコム査定は鉄則破り
複数社に査定依頼するのが不動産売却の鉄則。
ノムコムは野村不動産アーバンネットの評価しかわからない仕組みだから、相場を知るためには不向きだと思う。

ノムコムの評判と口コミ検証ブログに寄せられた口コミ
ノムコムでマンション売却は不向き
ノムコムがオリコンでノミネートしているのは一戸建ての売却実績の豊富さ。
マンション売却の場合は他の業者の方が得意なのでは?

ノムコムの評判と口コミ検証ブログに寄せられた口コミ
(※ノムコムの評判や口コミは、あくまでも個人的感想であり、すべての人に当てはまる内容とは限りません。)


以上が、ノムコムに寄せられたネガティブな評判と悪評になります。


ノムコムの悪い評判をまとめると、下記の4つに大別できます。


  1. しつこい勧誘電話があるのでは?
  2. 本当に高く売れるの?
  3. 野村不動産1社にしか査定ができない
  4. マンションの売却には不向き



ノムコムに対するこれらの評判や口コミ、悪評のレビューは本当なのでしょうか。

「ノムコム」の評判や口コミは本当なの?

ノムコムの悪評や悪い評判が本当なのかどうかは、実際にノムコムで査定依頼して不動産売却した人でないと悪評や評判の真相はわかりませんよね。


そこで、元業界人の羽生守(はにゅうまもる)が田舎の一戸建て売却をして、ノムコムの売却査定を徹底解剖していきます!


嫁には「不動産屋やってたのに自分の力で売れないの?」と夕飯の笑いのダシにされながらも、


ある種焼けっぱちな勢いだけで悪い評判の調査を進めたら、「初めての人には是非知ってほしい」と思ったノムコムの上手な活用術も見つかりましたのでご紹介していきますね。

1.しつこい営業電話があるのでは?

まずはじめの評判は「ノムコムの売却査定をしたら、しつこい営業電話が来るのでは?」というもの。


「売却の方はどのくらい進んでいますか?」
「新居にあたって新着物件はどうでしょう」
「見に行くだけでもどうですか?」


などと、しつこい営業マンから受けた電話はいつも長電話になりがちです。


最悪のケース、家族との時間や大切な用事の最中に電話が鳴ってしまっては本当に迷惑になります。


私が売却査定をしたノムコムの支店では、しつこい勧誘電話はありませんでしたが、支店によっては対応の違う場合もあります。


とはいえ、営業マンも人間ですので、嫌がられるのがわかっているしつこい電話を”したくてしている人”はいないんです。


過去の同僚の中には営業電話が一つのきっかけになって、うつ病を発症し、退職した人もいたくらいです・・・。


ではなぜ、「不動産売却査定=しつこい電話が来る」といったノムコムの評判や口コミが寄せられているのでしょうか。

その答えは、不動産会社のマニュアルで営業電話がシステム化されているからです。


現役時代に勤めていたある会社(ノムコムではありません)では、営業の管理マニュアルで以下のようなノルマが設定されていました。

  • 1週間の電話件数
  • 電話からの新規アポ件数
  • 月間の契約数

ノムコムに上記のマニュアルがあるかはわかりませんが、営業マンも人ですので、ルールがないとサボってしまいます。


ただし、「この理由で断られたら、ウチ(ノムコム)で契約までは辿り着けないよね」という顧客の場合は、それ以上アプローチをする必要がなくなります。


具体的には、営業マンが上司に報告する際に、営業電話を終了する正当な理由であれば、営業マンと売り主が互いにwin-winとなるのです。


次の話で、わたしが現役時代に上司に伝えて営業電話を終了できた3つの鉄板パターンをご紹介していきます。

しつこい営業電話がピタッと止まる3つの方法

さきほどお話ししたように、基本的にはノムコムからしつこい営業電話を受けるケースはないでしょう。


しかし、支店が違えば雰囲気やスタッフの考え方も変わってきますので、営業電話が頻繁にかかってくる場合もあるかもしれません。


住所もノムコムに知られているので、できれば事が荒立たないようにしつこい電話のシャットアウトをしたいですよね。


そこで、今回はそんなしつこい営業電話をピタッと止める3つの口実と方法をご紹介していきます。



1.「他社に決めた」と伝える
最も差し障りがなく、相手に嫌な思いもさせずにしつこい営業電話をストップさせる方法として有効なのが、これです。


「他社との契約(専任媒介契約)が決まりましたので、お忙しい中掛けていただいていた電話はもう結構です。」


専任媒介契約とは、複数社と契約できる一般媒介契約とは反対に、特定の1社のみと売却活動をしていくという契約を指しています。


この回答に対して営業マンから「ノムコムの至らなかった点は?」「他社に決めた理由は?」などと聞かれるケースもあるかもしれませんが、「今回はノムコムさんと縁がなかった」と回答してください。


それでも、しつこく契約を取ろうとするならば、はっきり言って顧客の気持ちのわからない業者です。


“顧客の気持ち=売り主or買い主の気持ち”


となるわけですから、「熱意のある営業マンだ」と勘違いしてそのまま契約してしまうと、買い手の気持ちを考えない売却活動となってしまい、うまく軌道に乗らないことにも・・・。


しつこ過ぎる営業マンに当たってしまったら、苦肉の策ですが、次の方法に出るしかありません。



2.法律を盾にする
2つ目の手段は、法律で定められている以下の内容を活用し、業者に訴える作戦です。


営業マンによっては気分を害するケースもありますので、できれば取りたくない手段ですが、あまりにもしつこい場合には止む終えません。

宅地建物取引業法にて以下の行為が禁止されている

  1. 不確実は将来利益を強く提供する行為
  2. 威迫行為
  3. 私生活や仕事の平穏を害するほど困惑させる行為
  4. 勧誘時に、商号または名称、勧誘実施者、勧誘目的を告げずに勧誘を行う行為
  5. 相手が契約する意思のないことを表示してもなお、勧誘を継続する行為
  6. 迷惑を覚えさせるような時間の電話または訪問の行為
国土交通省より抜粋
※一部改変

上記のように、売り主に迷惑と感じさせる行為は法律により禁じられているのです。


「電話が止まないようなら、相談すべきところに相談しますよ。」とでも伝えれば、業者側も言わんとしている内容がわかります。


それでも理解してくれない場合は、最後の手段です。



3.免許行政庁に通報する
免許行政庁とは、さきほど説明した宅地建物取引業法に則って取り締まりをしている相談窓口です。


しつこい電話が生活に支障をきたすほど鳴り止まない場合は、以下のような具体的な状況を免許行政庁(国土交通省)に通報しましょう。


  • 日時
  • 業者名
  • 担当者名
  • どんなやり取りだったか


こちら側から要望を出せば、業者に渡っている個人情報のデータ削除なども対応してくれます。



以上、


  1. 「他社に決めた」と伝える
  2. 法律を盾にする
  3. 免許行政庁に通報する


という3つの対処法をご紹介しました。


検証結果1.しつこい営業電話はなかった
わたしがノムコムで売却をしたときは、しつこい電話はありませんでした。

しかし、支店によっては対応の違う可能性も。

不測の事態になった場合は、上記3つの方法で対処しましょう。

2.本当に高く売れるの?

ノムコムの顧客満足度はNo.1かもしれないけど、“満足度”“高く売れるかどうか”は話が違いますよね。


ノムコムは本当に高く売れるのでしょうか。


結論から言ってしまうと、ノムコムを利用して査定価格よりも480万円高く売却できました。


「元業界人なのだから、何かコネを使ったのでは?」と思われるかもしれませんが、第一線から退いて15年経っているわたしには、これだけ高く売れるだけの人脈はもうありません。

(ある意味悲しい・・・)


逆に、こちらが変に行動しすぎてしまうと、ノムコム側も過度に牽制してしまい、うまく事が進まなくなってしまうのがオチ。


では、なぜノムコムのいう通りに動いて480万円も高く売れたのでしょうか。


高く売れた理由は、買い手となるターゲットを絞った宣伝戦略でノムコムが上手に展開してくれたからです。


「一体、どのようにターゲットを絞ったのか」
「ターゲットを絞るとなぜ高く売れるのか」


筆者の物件情報も含めて「ノムコムの評判と口コミ検証ブログ」に訪問してココまで読んでくださっているあなただけに公開していきます。

ノムコムの査定価格と成約価格の差は?

ノムコムで自宅マンションを売却

実際の物件情報
物件種別:分譲マンション
地域:東京都世田谷区
購入価格:4600万円
面積:84.24㎡(25.48坪)
築年数:築37年
その他:4LDK

  • ノムコムの査定価格は、3980万円
  • 仲介形態は、専任媒介契約で契約期間は3ヶ月
  • 実際に売却できた価格(成約価格)は4460万円
  • 査定価格と成約価格の差は480万円

なぜ査定価格よりも480万円高く売れたのか?


正直、築年数が37年だったし、最寄駅まで徒歩20分と交通アクセスは良いとは言えません。


実際、内覧者も1ヶ月で1組しかなかった状況です。


交通アクセスが良いかどうかで、売却できる金額が決まってしまう現役時代の感覚が残っていたので、「売れるかな・・・」と夜な夜なスヤスヤ眠っている妻を尻目に不安な毎日でした。


しかしある時、あることをキッカケに好転し始めます。


内覧者が1週間に3組も来たんです・・・!


不思議に思い、担当者に問い合わせたところ、

担当者:「売却プロセスを見直したところ、広告宣伝の訴求方法を変えてみたんです」


じつは、今までは、


  • 人気の世田谷エリア
  • 眺望がいい部屋
  • エレベーターから遠くて人通りが気にならない


といった点で訴求していたのです。


不動産売却は万人受けする訴求方法が鉄則にもなっていますので、ノムコムでもその鉄則に即して売却活動をしていたのでしょう。


とはいえ、マンションの数も多い世田谷エリアでは、上記の訴求だけでなかなか買い手の心に突き刺さらなかったようです。


さすがに業者ブランドのあるノムコムであっても難しかったのです。


そこで、担当者の方が以下のように訴求内容の変更をしました。


  • ペット可
  • ドッグラン可能な公園と散歩スポットあり
  • 角部屋だから、元気なペットでも周りが気になりにくい
  • 休日は医療書籍も充実の近隣図書館へ
  • おすすめ動物病院お伝えします


見てわかるように、訴求を「万人受け」から「ペットと暮らす家族」へターゲット変更したのです。


じつは、近所に認定動物看護師、 トリマー、動物飼育員、ドッグトレーナーのための専門学校があって、ペットと一緒に暮らす需要は確かに多くあります。


そこに着目したのは、元業界人の筆者としても「盲点だったな」と一杯食わされた思いです。


そしてなんと、担当者は割と若め。
大手業者の中で若手社員がココまで踏み切るのには勇気がいたことでしょう。


でも、その甲斐あって結果的には相場よりも480万円高い価格で売却できたのです。


不動産に携わるスタッフは専門知識を持っているのは当たり前。


ノムコムの担当者には、そんな当たり前を超えた”買い手の「買いたい」気持ちを鷲掴みにする提案力”があるからこそ、相場よりも高い価格で売却できたのです。


ちなみに、マイホームが現金化されたとき、初めは冷たい目をしていた妻からは、ココ数年聞いた覚えのない「ありがとう」という言葉が口からポロッと出てきました・・・。

3.野村不動産1社にしか査定ができない

ネットの中には「複数社に査定を受けて、相場を知ってから業者を決めた方がよい」と書かれているサイトもあります。


ノムコム不動産査定のように1社のみの査定結果を受けるのとは180°反対な手法ですね。


確かに、複数社に査定を受ければ、各業者の査定額と接客対応を比較できますから、「明らかにこの業者はオカシイ」と思う悪意のある業者は淘汰できるメリットがあります。


しかし、これでは悪意のある業者を選定し、避けるための労力と時間がかかってしまうのです。


限られた期間の中で売却したい人にとっては非効率な方法ですよね。


しかも、初めての不動産売却で、右も左もわからないような状態から悪意のある業者を選定するためには、


それなりに勉強が必要になりますし、複数社とのやり取りが必須となるだけでなく、悩む時間さえ取られてしまいます。


その結果、「できるだけ早く売りたいのに、なかなか先に進まない・・・」なんてことにも・・・。


さらに言えば、複数社に査定を受けるデメリットには以下のような点もあります。


  • 考え抜いて選定したとしても、業者の評判がいいとは限らない

  • 個人情報の漏洩が起きた時に原因先が特定しにくい

  • 査定額のとても魅力的な業者がいる現状を知ってしまったがゆえに、違う業者を選択したとき「結局、あの業者にしていれば・・・」と後悔してしまう


複数社に査定依頼をしていろいろ苦労するのなら、最初から評判がよくて高く売れる確率の高い業者にお願いして効率よく売却したいですよね。


ノムコムの不動産査定は、月間利用者数が300万人と業界第1位であり、2016年、2017年と2期連続で顧客満足度も業界第1位を獲得しています。


「顧客満足度の高さ=売上高の高さ」とは言い切れませんが、ノムコムは信頼性や認知度を着実に向上している不動産査定サイトです。


実際、顧客満足度の業界第1位となったノムコムには、以下のような口コミ・コメント・評判が調査元のオリコンに寄せられています。

なぜ自分の家が売れないのかを分析結果を分かりやすく教えてくれて、高く売るための適切な提案までしてくれた。(40代/男性)

オリコンに寄せられたノムコムの評判
他もそうかもしれないけど、親切な対応と、迅速な進歩状況の報告など、安心して任せられた。(50代/男性)

オリコンに寄せられたノムコムの評判
マンションまで良く足を運んでくれて話を聞いてくれたから、言いにくい相談もしやすかった。(70代/女性)

オリコンに寄せられたノムコムの評判


ノムコムの評判をみると、


  • 親切
  • 迅速な対応
  • 分析力


といった点が、特に評価されているのがわかります。


中でも「良く足を運んでくれて話を聞いてくれた」というのは通常あり得ないケースです。


おそらく、”70代の女性”である点なども考慮してくれての対応力なのでしょうね。


ノムコムの評判と口コミをみると、さらに親近感が沸いてしまいます。(僕だけかな・・・)

4.マンションの売却には不向き

次のノムコムの評判は、「マンション売却には不向き」


というのも、ノムコム公式サイトには、


「2017年オリコン日本顧客満足度調査 不動産仲介(売却)戸建、購入(マンション)第1位」


と書いてあるんです。


ノムコムの公式サイトを見た方は、

「え?戸建の売却は満足度が高いけど、マンションで満足度が高いのは購入では?」


と思ってしまいますよね。


たしかに、ノムコムは戸建の売却において顧客満足度第1位であって、マンション売却に関しては王座の地位に君臨はしていないんです。


しかし、筆者が調査した結果、ノムコムはマンション売却においてもかなり頼れると判明しました。


ノムコムがマンション売却時に頼れると言える根拠は以下の3つです。


  • 中古マンションの価格変動調査を独自でしている
  • 不動産仲介(売却)マンション部門で第2位
  • ノムコムはマンション売却に今もっとも力を入れている

中古マンションの価格変動調査を独自でしている

ノムコムは、平成元年から各地域の中古マンションがどのように価格変動しているのか調査をしています。


具体的なノムコムの調査は以下の通りです。


  • 実際の取引事例を基にしているから、タイムリーな取引価格(=時価)を知っている
  • 各店舗の営業エリア単位で実施
  • 3ヶ月毎にデータ集計



とくに、注目なのが「タイムリーな取引価格」


通常の地域相場は、「地価公示」や「路線価」を参考にしているので、タイムラグが起きやすいんです。


たとえていうなら、タイムリーに流行っていて、もはやスマートフォン中心の世の中で、ガラケーを使い続けて周りの人とのタイムラグを感じる瞬間。
(ガラケー派の方、気に障りましたら、すみません。。)


マンション売却も一緒で、新鮮な情報を持っているほど買い手とのラグも生まれにくく成功しやすいのです。


ノムコムには、そんな新鮮度の高い情報がありますから、マンション売却でも他社を圧倒しています。

不動産仲介(売却)マンション部門で第2位

不動産仲介(売却)戸建部門では第1位を獲得していますが、じつはマンション部門でも第2位なんです。


「ノムコム」はオリコン顧客満足度不動産仲介(売却)マンション部門で第2位


ちなみに、マンション部門で第1位の住友林業ホームサービスと野村の仲介を業績面で比較してみました。


※以下に出てくる取扱高とは、取り扱った案件にどの程度の資金が扱われたかの総額。つまり、どのくらい広告費が使われたか、売買取引がどのくらい行われたかかがわかる指標です。

野村の仲介 取扱件数:8272件
店舗数:78店
取扱高:7451億円
住友林業 取扱件数:4267件
店舗数:44店
取扱高:1438億円

上の表を見てもわかる通り、野村の仲介は取扱件数も、店舗数も住友林業を2倍以上上回っています。

さらには、物件広報のためにどのくらいの資金をかけたかわかる取扱高も野村の仲介が5倍以上も上回っているのです。


ただし、上記の数値はどうであれ、結果的には住友林業がマンション部門では第1位なので、オリコンの口コミにも書いてあるように「熱意と迅速な対応力」に関しては住友林業の素晴らしいところだと思います。

ノムコムはマンション売却に今最も力を入れている

筆者が思うに、ノムコムは先ほどの話に出てきた住友林業を上回るべくマンション売却に力を入れているように感じられます。


なぜ、そのように感じるのかというと、
Googleで「ノムコム 査定」と調べたときに検索エンジン上で、ノムコムの公式ページタイトルが「マンション売却・マンション 査定ならノムコム」となっているんです。


検索エンジンとは、Googleで検索したときに表示される検索結果一覧のことですが、そこに公式ページタイトルが「マンション売却・マンション 査定ならノムコム」と表示されるようになっているのを見ると、明らかにノムコムが今マンション売却に力を入れているとわかります。

「ノムコム 査定」でGoogle検索した結果

もしも、一戸建てを売却したいと思っている人が同じように「ノムコム 査定」と検索して先ほどのようなタイトルを見たら、サイトをクリックしにくくなりますからね。


ノムコムが、マンション売却をする人向けにビジネス戦略を立てているのがGoogle検索エンジンからもよくわかります。


「マンション売却には不向き」というノムコムの評判・口コミに対し、いままでの話をまとめると、

ノムコムがマンション売却でも頼りにできる3つの理由

  • 中古マンションの価格変動調査を独自でしている
  • 不動産仲介(売却)マンション部門で第2位
  • ノムコムはマンション売却に今最も力を入れている


以上より、ノムコムはマンション売却でも依頼して損はないでしょう。

【結論】ノムコムは使い方次第で高く売れる!

元業界人の羽生守(はにゅうまもる)が実際にノムコムの売却査定を受けてみました。


ノムコムには悪い評判や悪評もありましたが、使い方次第で地域相場よりも高く売れます!


どのようにノムコムを活用したらいいのかというと、ポイントは以下の3つです。


  1. 売却はお見合いと同じ!?家の第一印象が9割

  2. 今後の売れ行きに関わる「売り出し価格」を決定する

  3. 売れなかったら、ノムコムの買取保証を活用する

上記3つを一つずつ詳しく解説していきますね。

1.売却はお見合いと同じ!?家の第一印象が9割

はじめて見る家に清潔感があると、買い手に好印象を与え、良い条件で売却しやすくなります。


たとえば、お見合い。

初めてお会いする女性に第一印象が「最悪」と思われてしまっては男性としてはいたたまれないですよね。

そして、第一印象が悪い中で女性のハートを射止めるのは至難の業です。


不動産売却も一緒で、買い手の”パッと見”の第一印象でその後の展開のすべてが決まると言っても過言ではありません。


心理学的には、6秒で物の第一印象が判断され、その後の印象もある程度決定してしまうと言われているくらいです。


では、家の第一印象をよくするにはどうしたらいいのでしょうか。


一般的に、以下の箇所が重要だと言われています。


玄関
玄関で使わないモノは置きっぱなしにしない
トイレ
便器内、ふた、タンク上、壁や床の掃除、臭い予防
リビング
家具や置物などのホコリ、床の掃除
寝室・こども部屋
枕もとの整理整頓、物があれば地震対策
ベランダ
砂埃、排水溝付近のゴミを取り除く
窓ガラス
ガラスや雨戸だけでなく、サッシや窓シャッターまで綺麗にする
収納
物が出し入れしやすい状況にしておく
臭い
ペットを屋内で飼っている場合は、消臭剤を活用する


清潔感があって第一印象の良い家は、比較的早く売れて、高値で売却できるケースもあります。


買い手からすれば、マイホームの購入は人生で何度とないライフイベントのひとつです。


短い内覧時間で魅力的だと思ってもらうためには、「この家なら心地よく健康的に暮らせそう」と判断してもらえる住環境や清潔感が大切になります。


「内覧を制する者は売買も制す」と、現役時代に先輩からよく教え込まれていたくらいです。


「どこまで綺麗にしたらいいのかわからない」という方は、イメージとしては“モデルルーム”に可能な範囲で少しでも近づける感覚をもってください。


清潔感が伝わるくらいに家の整理をしていくと、より良い条件での売却につながるケースが多いです。

2.今後の売れ行きに関わる「売り出し価格」を決定する方法

ノムコムで査定をして、野村不動産と売却委託の契約を結んだら、次に売り出し価格を決めていきます。


売り出し価格は、「高く売れるか」だけでなく、スムーズに売却を進められるかなどの今後の売れ行きに関わるポイントです。


とはいえ、


「高く売りたいけど、自分の希望価格を打ち出して買主がみつかるのか・・・」
「価格が低すぎても嫌だし・・・」
「どうしたらいいの?」


と悩みますよね。


そこで、重要になるのが”価格戦略”です。


価格戦略とは、売り出してから物件の引き渡しまでの決められた期間の中で、どのように価格を変更していくかスケジュールを立てていくことを言います。


スケジュールを立てるときに売主が考えておくべきなのが、以下の3つの価格についてです。


1.売りたい価格
自身の思う、「この価格で売れたらいいな」価格。新居の費用や売却後の生活を考慮し考えていく。
2.売れるであろう価格
相場と近隣物件の売却事例を元に現実的な売却価格を業者と決める(これを取引事例比較法という)。
3.最低ラインの価格
取引事例比較法に則って算出した「この価格ならほぼ間違いなく売れる」という最低ラインと、売り主の思う最低ラインとをドッキングして決めていく。

3.売れなかったらノムコムの買取保証を活用

これは他の業者では滅多に見られないノムコムならではの特色ですが、売れなかった場合の買取保証があります。


買取保証は、一般の買い手が購入するのではなく、業者であるノムコム側が事前に指定した価格で買い取ってくれる保証です。


これはいわば、車を売るときと一緒になります。
車を売るときは、一般の方である買い手は関わらずに、業者が出した査定額で丸々業者が買い取ってくれるわけです。

ただし、車を売るときと異なる注意点が2つあります。

  • 査定価格で丸々買い取るわけではない
  • 一定の条件がある

ノムコムの買取価格には上限があり、”当社(ノムコム)査定価格の90%を上限”とされています。


査定価格で丸々買い取るわけではないんですね。


ノムコムの買取保証を考えている人は、媒介契約を結ぶ前に「ノムコムで買取となった場合、いくらになるか」を事前確認しておきましょう。


また、ノムコムの買取保証を利用するためには、以下のように一定の条件が定められています。

不動産所在地
首都圏・関西圏
対象不動産
個人の住居用マンション・一戸建て・土地
適用条件
  • 野村の仲介+(ノムコム)で自己所有不動産を売却
  • 専属専任媒介契約を締結
物件基準
【マンションの場合】

  • 昭和56年6月1日以降の建築で新耐震基準
  • 専有面積が30㎡以上
  • 【一戸建て・土地】

  • 敷地面積40㎡以上
  • 建築基準法、条例に反していない
  • 通常の住宅ローン利用が可能

  • 特筆すべきは、専属専任媒介契約を結ぶ必要がある点。


    専属専任媒介契約のデメリットは自己発見取引ができなくなるのです。

    自己発見取引とは?*クリック!*


    ノムコムの買取保証を利用する際には、


    1. 査定価格で丸々買い取るわけではない
    2. 一定の条件がある

    の2点を理解して進めていきましょう。


    上記2点を注意すれば、ノムコムは”売れなかったときのアフターフォロー”まで一括で対応できる優良サービスになります。

    ノムコムには良い評判と口コミもいっぱい!

    「ノムコムの評判と口コミ検証ブログ」がノムコムで不動産売却査定を実際に行った人に自由記述式のアンケートを独自に実施!

    悪い評判や悪評のあったノムコムですが、じつは良い評判もたくさん寄せられました。

    それでは、ノムコムの良い評判もチェックしていきましょう。

    (※アンケートはクラウドワークスにて自由記述形式で調査。平成30年1月の26回答を集計。)

    「ノムコム」で上手く売却できた2つのポイント

    ノムコムで上手くいったのは2つポイント!


    物件タイプ:マンション
    エリア:大阪府梅田市
    築年数:29年
    売却までにかかった期間:2ヶ月


    息子の結婚を気に、マンションから二世帯住宅への買い換えで売却しようとノムコムを利用。

    新居の予算も概算が出ていた状態でノムコムの売却査定をしました。

    上手くいったポイントを挙げるなら、希望成約価格やいつまでに売り渡せばいいのかが明確だった点ですね。

    ノムコムの営業マンが相談する中で売却したい最低ラインを明確にしてくれたから、買い手との値段交渉もスムーズにいきました。



    ノムコムは精神的な部分もフォローしてくれた

    ノムコムは精神的な部分もフォローしてくれた


    物件タイプ:一戸建て
    エリア:千葉県柏市
    築年数:3年
    売却までにかかった期間:1ヶ月


    新興住宅の建売をノムコムで売却しました。

    売却理由は近所の子供の道路遊びと親達の井戸端会議。

    土日で晴れた日は、ウチの窓にドンッとボールが当たるなんて日常茶飯事です。

    平日は仕事でヘトヘト、土日は外がうるさいからしっかり休めないし・・・。

    そんな中で売却活動をするのは正直、大変でした。

    ですが、ノムコムのパートナーさんは、毎回笑顔で元気よく対応してくれたので、とても気持ち良かったです。

    不動産売却は、高く売れるのも大事ですが、精神的な部分もフォローしてくれるかが結構重要だと感じます。



    「ノムコムの評判」遠方の家を売却した口コミ

    遠方にある不動産もラクラク売却!


    物件タイプ:一戸建て
    エリア:東京都大田区
    築年数:50年
    売却までにかかった期間:3ヶ月


    相続した家は東京にありますが、私自身は地方に住んでいるため、全国展開している大手不動産会社を探していました。

    全国展開している大手不動産会社なら、地元のチェーン店に相談しながら遠方にある家をマルっと任せられると思ったんです。

    地元には全国展開している会社が2社あったのですが、

    なかでも接客と対応力に関する評判と口コミがよかった野村の仲介+(ノムコム)にしました。

    社内の受付スタッフも雰囲気がよく、担当者の言葉遣いや対応も丁寧。

    心配していた書類関係(売買契約書など)もかなり手慣れた手順で、滞りなく進めてくれました。

    野村の仲介+(ノムコム)にお願いして、ストレスフリーな不動産売却ができて、よかったです。



    「ノムコムの評判」アラフィフ夫婦の口コミ

    ノムコムの無料査定で相場より150万円も高く売れた


    物件タイプ:一戸建て
    エリア:宮城県塩竈市
    築年数:30年
    売却までにかかった期間:1.5ヶ月


    アラフィフの主婦です。

    一軒家に夫婦で2人暮らしでしたが、老後の生活を考えて、セキュリティ面や庭の手入れ、家屋のメンテナンスが楽なマンションを購入することに。

    ちょうど、欲しいと思った新築マンションが野村不動産の”PROUD(プラウド)”シリーズ。

    そして、野村不動産が自社で売却仲介をしているのも知って、「購入も売却もココでお願いしよう」と。

    ですが、いきなりリアル店舗に行くのは怖かったので、取り敢えずは野村不動産が運用しているノムコムで無料査定を受けてみました。

    すると、他の数社よりも高額な査定価格で、“売れなかったら査定価格で買取してもらえる保証”もあった安心感から、そのままノムコム経由で野村不動産と専属専任媒介契約を結びました。

    結果的には相場より150万円高く売れてビックリ。

    ノムコムの売却査定を利用して本当に良かったです。



    「ノムコムの評判と口コミ」他の業者より870万円アップした

    他の業者よりも870万円もアップ!


    物件タイプ:一戸建て
    エリア:東京都江東区
    築年数:18年
    売却までにかかった期間:4ヶ月


    中小業者に査定依頼したら、希望価格をはるかに下回っていました。

    「いま家を売って、まだ大学にも行っていない4人の子どもを養えるのか・・・」と一気に不安に駆られたのです。

    希望も自信も無くしていたときに野村不動産の運用する不動産査定サイト「ノムコム」を知ってダメ元で利用してみた。

    すると、簡易査定をしてみてビックリ!

    予想よりも高い査定価格だったのです。

    その金額は、以前査定依頼した中小業者よりも870万円もアップ!

    高級車2台分が買えるほどの価格の違いに驚きました。

    「ピンチはチャンス」とはこのことですね。



    以下はノムコムのその他の評判と口コミをピックアップして掲載しております。

    ノムコムのその他の評判と口コミ

    • 同業種ですが、ノムコムの「集客力」と「担当のサポート品質」には学ぶ点が多い。運営母体の野村不動産が“高いブランド力”と会員ネットワークを活用した”優良な購入希望者”を担保する体制作りが非常に上手い。
    • 最近パソコンを覚えた73歳の私でも、みかんを食べながら迷わず査定依頼できるくらいノムコムの入力フォームはシンプル。シンプルなのは年配者・高齢者にとって結構重要なポイントです。
    • ノムコムは無料不動産査定から、売却成立後のアフターフォローまで充実。特に、売れないときに業者が買取ってくれる”買取保証”がとても便利!まるで、”高校受験のすべり止め”みたいな制度。
    • 70代のわたしでも5分もあれば、ノムコムのweb査定申し込みを完了できた。
    • 不動産一括査定サイトは選択肢が多すぎ。「野村不動産に決めた」って人は、ノムコムで不動産査定しておいて、査定の結果次第で近くの実店舗を訪れればいいからおススメ。
    • 「大手がどのくらいで売れるのか」売却価格の目安になった。
    • 急な転勤で不動産売却と購入を同時進行でやらなければならなかった。正直、「こんな忙しいときに仕事と家庭の両手持ちは厳しい」。でも、家庭のほうは、ホンキの買換保証でかなり不安が軽減できた。
    • 放置していた空き家を処分するためにノムコムで不動産査定。放置することによる犯罪・災害リスクや資産価値下落リスクの背景を知ったら、「少しでも早く売らなければ・・・」という不動産売却のエンジンがかかった。
    • 宅地建物取引主任者をしている私が、実家の不動産売却に悩んでいた父親に勧めたのがノムコム。ノムコムは売買仲介において信用できるだけでなく、入力フォームがシンプルなので、ネット慣れしていない世代でも安心して利用できる。
    • 定期的な連絡のスムーズさ、報告の丁寧さは「さすが業界大手」だと感じた。
    • 共働きで年齢を重ねた私たちでもマッチする方法で、しかも相場より180万円高い金額で売却してくれた。ノムコムにはとても感謝している。
    • 不動産屋に足を運ぶ時間もないほど仕事が忙しい売り主にはおすすめ。ノムコムは、仮査定から売却手続きまでワンストップだから、「手間と面倒」を感じなかった。

    ノムコム不動産査定の特徴を知ろう!

    星の数ほど存在する不動産査定サイト。

    不動産査定サイトは50社以上存在する
    • HOME4U(NTTデータ)
    • リガイド(旧SBI不動産)
    • イエイ
    • イエウール
    • スマイスター
    • マンションナビ
    • ソニー不動産
    • 不動産エージェント
    • オウチーノ
    • マイスミEX
    • ふじたろう
    • ポラス不動産
    • イエカレ
    • ハウスル
    • 三菱UFJ不動産販売
    • 不動産価格.net
    • 街角不動産相談所
    • スマイティ
    • OCN不動産
    • スモーラ
    • いえらぶ
    • @nifty不動産
    • 不動産査定君
    • アットホーム
    • goo不動産
    • 不動産ひろば
    • ホームマスターズ
    • タウンライフ不動産売買
    • 楽待
    • イエリコ
    • サティ不動産査定
    • UCHIMO(ウチモ)
    • ユスフル
    • すまいValue
    • ・・・

    ノムコムには、50社以上もある不動産査定サイトと比較して、どのような特徴とアドバンテージがあるのでしょうか。


    他のサイトでも、「他の不動産査定サイトと比較すると、大手業者に必ず査定できるのがノムコムのメリット」というのはよく書かれていますよね。


    確かに、ノムコムは大手業者の野村不動産に依頼できます。


    しかし、ノムコムの本当の強みは「大手業者だから」というだけではないんです。


    ノムコムは他の大手業者とも一味違う以下のポイントがあります。

    ノムコムが他の大手業者と一線を画す点
    • 最大42枚!写真広告をたくさん使って買い手の心を掴む!
    • ホームステージングで住まい本来の価値を表現
    • VRホームステージングで空室を魅力的な住まいに
    • ノムコムの「ホンキの補修保証」がまさに本気!
    • 会員数増加中!ノムコムメンバーズ「売却サポート会員」が便利
    • 「なかなか売れない・・・」を解消する「住まいのAI ANSWER」
    • 買換保証とつなぎ融資で「気になる住まいの購入タイミング」を逃さない
    • 土地管理はノムコムの土地ステージングにお任せ!
    • ノムコムの土地診断で境界、越境問題のリスクを事前に回避!

    それでは詳しく解説していきます。

    最大42枚!写真広告をたくさん使って買い手の心を掴む!

    ノムコムの写真広告は最大42枚を掲載!

    ※ノムコムに掲載されている東京中央線沿線の某物件


    ほとんどの買い手は、まずインターネットで物件を見ます。


    そのとき、買い手を心を惹きつけるのが、写真です。


    いくら文字で物件の紹介をされても、イメージしにくいですよね。


    現役時代に実験をしましたが、写真がある物件とない物件とでは、問い合わせ件数に大きな差がありました。


    また、写真がある物件のなかでも、

    • 建物全景(外観)だけでなく室内も掲載
    • 室内各所の様子がわかるよう複数枚を掲載

    しているような物件で効果を実感できるでしょう。


    要するに、写真は枚数が多いほど、買い手の目に留まりやすくアピールできるのです。


    ノムコムでは、1物件あたり最大42枚の写真が掲載されます。


    「そんなに掲載したら、悪い部分も見えてしまうのでは?」


    とも思うかもしれませんが、中古住宅に多少の傷や使用感のあるというのは元々承知の上でみる買い手が大半です。


    反対に、写真の数が少ないと「欠陥部分を隠しているのでは?」と疑いの目でみられてしまうケースもあります。


    たとえば、
    熱が出たときに病院に行って、

    「これは風邪ですから薬を処方しておきます」
    と言われるのと、

    「咽頭炎が熱の原因ですね。咳や痰もみられますので、薬を処方しておきますね」
    と言われるのとでは、安心感が全く違いますよね。

    多くの人は、情報を多く伝えてくれた後者の方が安心できるはずです。


    ノムコムが42枚もの写真を掲載するのも前述と同じ話しになります。


    ノムコムは、物件情報を写真という形で色々な角度から惜しみなく物件情報を発信して買い手の不安感を取り除いているのですね。

    ホームステージングで住まい本来の価値を表現

    ホームステージングとは、売却する不動産に家具や小物を配置して、最高の空間作りをプロのホームステージャーによってするものです。


    中古住宅の流通が盛んなアメリカでは、40年前の不動産市場から一般化されている王道手法になります。


    日本ではまだ、新しい考え方ですが、カナダやドイツをはじめとする欧米などの住宅先進国でも取り入れられているのです。


    ノムコム経由で売却活動を進めるとプロのインテリアコーディネーターがホームステージングをしてくれます。


    ホームステージングは、いわばモデルルームと一緒です。


    新築の家を買うときはモデルハウスへ、新築マンションを買うときはモデルルームに必ず行きますよね。


    中古物件でもモデルルーム化をすることで、買い手を迎え入れるだけでなく、あなたの住まいで生活するときのイメージを膨らませられるのです。


    内覧会での部屋の明るさや清潔感によって買い手の印象の残り方は全く違います。


    日当たりが悪く、モノで溢れた狭い部屋よりも、整理されて広々とした清潔感溢れる部屋の方が、不動産売却を有利に進められそうですよね。


    ホームステージングサービスは、コーディネートに精通したプロによって買い手が健康的で快適な生活をイメージできる空間を提供し、


    購入希望者の評価を最大限に高める演出をPRしてくれます。


    不動産本来の価値と魅力を買い手に正しく伝えるサポートサービス「ホームステージング」はノムコムの大きな強みのひとつです。

    VRホームステージングで空室を魅力的な住まいに

    VRホームステージングとは、仮想現実(Virtual Realty)技術を活用して、空室で、何も置いていない状態でも、CGの家具やインテリアをコーディネートして360°カメラで撮影した部屋の状況をインターネットに掲載できるシステムです。


    さきほどご紹介したノムコムの「ホームステージング」は本物の家具を配置しますが、VRホームステージングは、CGの技術を駆使して100万点以上の家具を空室にバーチャルコーディネート。


    ノムコムのVRホームステージングは、買い手の「内覧会に行くのが手間」という心理を汲み取ったサービスです。


    買い手はネットを見るだけで”CGの家具配置済み内見”ができるため、入居後のイメージがしやすくなります。


    買い手は、好きな時間・好きなタイミングで何度でも購入後の生活をイメージできるわけですから、ノムコムのVRホームステージングを上手に活用できればプラスに働くでしょう。


    売り手側からしても、

    • 空室の状態で売却活動をしたい
    • 家具は今住んでいる新居で使っているから空室になる
    • 遠方の物件だから、現地の整理整頓ができない
    • 内見準備をする時間がない

    という人にはメリットが感じられるはずです。


    ただ、現状スマホでは見れないし、パソコンで見てもCG感が結構あるので、「利用しないよりかはマシ」程度に思ってもらうといいかもしれません。


    ノムコムのVRホームステージングは、2017年12月にスタートしたばかりのサービスですから、さらなる改善に期待です。

    ノムコムの「ホンキの補修保証」がまさに本気!

    売却物件の半数以上が補修を必要とする箇所があると言われています。


    さらに、取引後に補修関連の保証制度を活用する利用者の割合はなんと15%(20人に3人)という割合です・・・!


    取引後の補修はトラブルに発展するケースもありますので、築古な物件では保証制度があると安心ですよね。


    そんななか、ノムコムでは「ホンキの補修保証」があります。


    サービスは以下の4つです。


    1. マンション設備の<検査・補修・保証>サービス
    2. 戸建住宅 雨漏り・シロアリの<検査・補修・保証>サービス
    3. マンション <ハウスクリーニング>サービス
    4. 土地および戸建住宅 <境界・越境確認、仮測量>サービス

    正直、不動産大手企業では、補修保証を付けているのは珍しくありません。


    ただ、ノムコムの補修保証は他社よりも抜きん出ているポイントが3つあるんです。

    • 営業担当ではなく、専門家が検査
    • 検査で見つかった不具合はノムコム負担で補修
    • 補修保証期間は最長5年間

    この辺りをノムコムと大手他社とで比較してみましたので、以下の表もご覧ください。

    ▼横にスクロールして閲覧できます▼
    補修保証制度 検査員 補修保証期間
    ノムコム
    (野村の仲介+)
    ホンキの補修保証 専門家の検査 最長5年
    (最大500万円)
    三井不動産リアルティ
    (三井のリハウス)
    三井のリハウス住宅補修サービス 営業担当者 1年間負担(最高250万円)
    住友不動産販売 ステップ瑕疵保証 関西圏の戸建て住宅のみ検査会社によるホームインスペクションを実施 最長2年(最高250万円)
    東急リバブル リバブルあんしん仲介保証 営業担当者 1年間負担(最高250万円)

    ノムコムを他社と比較すると、保証期間が5年でかなり長いとわかります。

    しかも、補修費はノムコム負担なのも嬉しいですよね。


    買い主からすれば、補修保証期間が長い分、「すぐには見つからない瑕疵があるかもしれないから、安心する」と感じます。


    「欠陥があれば修繕してくれる」と安心できれば、中古住宅の購入障壁を崩す意識にもつながり、購入しようかどうか悩んでいる買い手の背中を押せるのです。

    会員数増加中!ノムコムメンバーズ「売却サポート会員」が便利

    ノムコムには売り専用様メンバーズ制度があり、現在会員数20万人突破!


    日本国内で最大級の規模を誇っている不動産ポータルサイトです。


    ノムコムの公式HPで無料登録すると「売却サポート会員」になれます。


    「売却サポート会員」になると、

    • 検索画面に表示・閲覧された回数
    • 詳細情報が表示・閲覧された回数

    が確認できるだけでなく、

    • 売却する不動産の周辺売り出し事例の配信
    • 条件の近い物件の相場

    などの新着情報がスマートフォンでもいち早く入手できます。


    なぜ、周辺物件の情報収集が必要かというと、価格戦略に関わってくるからです。



    たとえば、周辺の競合物件の状況を見て、値段が下がりそうであれば、


    「値下がり合戦に引っ張られるので、今は少し待ちましょう」


    と状況に応じた対応が必要不可欠になります。


    一度下げてしまった価格を上げるのは難しいため、ほとぼりが冷めてから動き出す方が賢明なケースもあるのです。



    「そんな戦略はノムコム側が考えてくれればいいのでは?」


    とも思うかもしれませんが、業者に任せきりにしてしまうと、どうしても売り主と業者との認識ギャップが生じてしまい、対応が遅れ、最悪のケース、売れ残ってしまうことにも・・・!


    そうならないためにも、最新情報は売り主と業者とでシェアしておいた方がよいでしょう。


    そんな最新情報のシェアがノムコムの「売却サポート会員」になると、可能になるのです。

    「なかなか売れない・・・」を解消する「住まいのAI ANSWER」

    「住まいのAI ANSWER」は、AIを活用した「住宅ローン 借入可能額シミュレーション機能」があります。


    主な活用場面としては、購入時ではありますが、売り手にとっても「より短期間で早く売却できる可能性を高めてくれる」という大きな力を秘めたサービスです。


    売り手の「半年経ってもなかなか売れない・・・」といった悩みからも解放されやすくなります。

    「住まいのAI ANSWER」のサービス概要
    • AIが24時間疑問に答えてくれる
    • チャット型Q&Aサービス
    • 勤続年数や家族構成などを考慮して住宅ローンの借入可能額を試算

    中古住宅を購入しようとしている買い手が「住まいのAI ANSWER」を活用すると、算出された住宅ローンの想定借入可能額にあった物件を「ノムコム」上で表示してくれます。


    要するに、「住まいのAI ANSWER」は、「残債が心配で、購入できる中古住宅があるかわからない・・・」という足がかりのある買い手に対して、「残債がこれだけあるあなたでも、この物件なら問題なく購入できますよ」とアナウンスしてくれるのです。


    「住まいのAI ANSWER」はいわば、カウンセリングと一緒。


    カウンセリングとは、悩みを抱える人の相談に応じて、解決方法を導き出していきます。


    「住まいのAI ANSWER」も同じです。


    残債という心配ごとのある買い手に、打開策を提案して”中古住宅購入”という希望を掴む糸口を導き出してくれます。


    ここまでしてもらえたら、買い手は「住まいのAI ANSWER」に提案された中古住宅を購入しない理由はありませんよね。


    そして、「住まいのAI ANSWER」が提案された中古住宅の中に、売り手であるあなたの”売りたい不動産”が表示されたら、購入確率はグンッと高まるります。


    「住まいのAI ANSWER」は買い手にとっても売り手にとってもwin-winな状態を実現できるサービスなのです。

    買換保証とつなぎ融資で「気になる住まいの購入タイミング」を逃さない

    「急いで売らないと、買いたい物件の支払いに間に合わない・・・」


    今所有している不動産を売却して、新居を購入する”買換え”をしたい場合、こんな悩みを持っている方々もいるのではないでしょうか。


    「せっかく住みたい家がみつかったのに、我が家が売れずに資金が足りないから住み換えられない」なんて弁明、家族にしたくはありませんよね。


    ノムコムの買換保証とつなぎ融資を使うと買いかえの悩みと不安を取り除いて強力にバックアップしてくれます。


    まずは、ノムコム買換保証の解説です。

    買換保証とは?

    万が一、一定期間内に売却できなかった場合、仲介からノムコムが購入する買取に切り替えられるサービスです。


    ノムコムの買換保証の特徴は以下の通りです。

    • ノムコム評価価格の120%から売却開始
    • 105%まで下がった時点で買取りするから損がない
    • 保証期間は最長1年
    • 保証期限を迎えたら買取りしてくれる
    • 買取後、再販売して利益が出たらあなたに還元(利益還元制度)

    つなぎ融資とは?

    新居購入のとき、売却物件の決済が終わるまでの間、不足分の購入資金を融資するものです。


    ノムコムのつなぎ融資の特徴は以下の通りです。

    • 十分な売却期間を設けられるから高く売れる確率アップ
    • 保証期間は最長1年
    • 気になる物件購入があったとき、タイミングを逃すリスクがなくなる

    土地管理はノムコムの土地ステージングにお任せ!

    相続した土地の売却で一番悩ましいのが、売れるまでの間の土地管理。


    草が生え放題な見た目では、売れるものも売れません。


    それだけでなく、最悪のケース、害虫発生や野火などによる周辺トラブルにも発展することも・・・!


    とはいえ、相続した土地を自分で管理するには骨が折れますよね。


    そんな悩みを解消できるのが、ノムコムの土地ステージング。


    ノムコムの土地ステージングは、以下の作業をワンストップで実施してくれます。

    ノムコムの土地ステージング
    1. 草刈り作業
    2. 防草シート施工
    3. 立入禁止ロープ設置
    4. 売り物件看板

    ノムコムの土地ステージングBefore&Afterはこんな感じです。

    ノムコム土地ステージングのBefore&After


    もう、見た目が全然違いますよね。


    土地売却を検討していて、売れるまでの土地管理にお悩みなら、ノムコムの土地ステージングを利用してもいいのではないでしょうか。

    ノムコムの土地診断で境界、越境問題のリスクを事前に回避!

    ノムコム運営会社の野村の仲介+では、土地診断というサポートがあります。


    土地診断とは、あなたの土地に対して、


    1. 境界標の有無の確認
    2. 越境の有無の確認
    3. 敷地内高低差の測量
    4. 仮測量図の作製


    を実施するサポートです。


    不動産売却において、よくトラブルとなるのが「境界や越境問題」。


    「境界や越境問題」でよくあるケースが以下の3つです。


    • 隣地とはブロック塀などで仕切られている
    • 境界標はあるが、地積測量図と立会図面を確認していない
    • 地積測量図が古い


    それぞれ、みていきましょう。

    隣地とはブロック塀などで仕切られている

    二軒の間の境界に、ブロック塀がある場合、あるブロック塀は「登記簿上、どちらの面積に当たるのか」確認が必要です。


    「たかだか数センチのブロック塀ではないか」


    と思うかもしれませんが、そのも立派な資産です。


    資産であるからこそ、隣地越境物問題にも発展します。


    隣地越境物問題がある限り、買い主側が住宅ローンを組めないことも・・・!


    買い主が住宅ローンを組めなかったら、不動産売却が成立しにくいですよね。

    境界標はあるが、地積測量図の立会図面をしていない

    土地の面積・長さ(幅)・境界標の種類や位置を確認する「地積測量図」というものがあります。


    地積測量図は隣地との立会図面(両者が立ち会った境界図面の作成)を経た境界承諾書も法務局に登録されたものです。


    もしも地積測量図がない状態で不動産売却をするのなら、土地の面積に白黒をハッキリつけるためにノムコムの土地診断を活用するのはありだと思います。

    地積測量図が古い

    地積測量図は作成された時期によって証拠力が変わります。


    理由は、数十年前の測量技術が未熟であるケースが多いからです。


    「昔、時間を割いて隣の家と立会図面したのに・・・」


    とも思うかもしれませんが、隣地トラブルを避けるためにも再度作成して信憑性の高い地積測量図を確保しておくのをお薦めします。

    ノムコムの営業店舗を確認する

    「ノムコムの店舗」一覧

    画像引用元:同社ホームページ

    ノムコムで不動産査定をして、「ココに決めた!」と思っても、ノムコムの最寄店舗がなければ、無駄足を踏んでしまいますよね。


    ですので、ノムコムで不動産査定する前に、あなたの最寄に店舗があるか確認しましょう。


    ノムコムは以下の『野村の仲介+PLUS 営業店舗』にて問い合わせ・相談ができます。

    ノムコムの案内店舗一覧
    <首都圏>
    本社:新宿(本店営業部、資産コンサルティング部、情報開発一部、情報開発二部)
    御茶ノ水、麻布、東陽町、渋谷、池袋、吉祥寺、横浜、浦和、武蔵浦和、川口、本八幡、船橋、柏、飯田橋、勝どき、銀座、赤坂、三田、広尾、高田馬場、茗荷谷、上野、錦糸町、豊洲、大井町、目黒、五反田、自由が丘、学芸大学、蒲田、経堂、桜新町、成城学園前、三軒茶屋、千歳烏山、恵比寿、中野、永福町、荻窪、成増、練馬、大泉学園、北千住、西葛西、三鷹、府中、調布、町田、武蔵小金井、国立、鶴見、金沢文庫、日吉、東戸塚、青葉台、たまプラーザ、港北ニュータウン、川崎、武蔵小杉、溝ノ口、新百合ヶ丘、大船、藤沢

    <関西圏>
    大阪、豊中、江坂、茨木、岡本、西宮北口

    【※注意】ノムコムに査定依頼するだけでは高く売れない

    ここまで、ノムコムについてご紹介してきましたが、コレだけは覚えておいてほしい注意点があります。


    それは、”ノムコムで売却査定するだけ”では理想の不動産売却はできないという点です。


    どんな不動産売却査定サイトでも言えるのですが、より高く・早く売却するためには”売り主努力と事前の心構え”が大切です。


    どんな努力と心構えが必要かというと、筆者が考える厳選10のポイントをお伝えしておきます。


    「販促活動をしているのだけど、なかなか売れない・・・」という方も、チェック項目としてぜひご覧ください。

    より早く・高く売るためのポイント10選

    1. 3カ月以上の時間的余裕をもつ
    2. 査定価格と売れる価格は別物と考える
    3. 売り出し価格は10万円単位の端数を設定
    4. 販売戦略(売却シナリオ)を立てる
    5. 仲介会社の売却活動の実施状況をチェック
    6. 売出し開始後2週間で価格を見直す
    7. 理由に納得がいかないなら安易に値下げに応じない
    8. 内覧大歓迎というオープンな雰囲気を演出
    9. 手間やコストをかけ雰囲気を作る
    10. 情報サイトを活用した売却方法を再検討

    特に、内覧会には心血を注ぎ過ぎても失敗はないでしょう。


    時間を割いて、内覧会に来るくらいの購入予定者は「もう一歩踏み出すために背中を押してほしい」と購入意欲のかなり高い人が大半です。


    中でも経験上、一家揃って訪問する家族は既に購入を決意し、何かを確認するために内覧会に参加している人が多い印象です。


    ですから、「厳選10のポイントと言われても、どれから手を付けていいのかわからない・・・」という方は、


    8.内覧大歓迎というオープンな雰囲気を演出
    9.手間やコストをかけ雰囲気を作る


    に力を注ぐ努力をしましょう。

    ノムコムのデメリット【ちょっとした改善要望】

    ここまで、ノムコムの評判と口コミをまとめてきました。


    不動産売却が初心者の方でも安心・安全に進められるノムコム。


    そんなノムコムを元業界人の筆者が利用して思ったデメリットと改善要望をまとめてみました。

    【改善要望 その1】営業エリアの拡大

    ノムコムは関東圏・関西・東海地方が営業のメインエリアとなっているため、地方の売買には弱いのがデメリット。


    店舗拡大のできない理由はあるだろうけど、


    せっかく


    ”マンション売却の満足度1位”
    ”戸建て売却の満足度2位”


    を獲得しているのだから、「ノムコムを活用できる人を少しでも多くしてもらいたい」と思いました。


    東北・中国・九州・四国地方の方でも不動産査定サイトを利用できるよう、対象地域が拡大されるのを期待したいです。

    ノムコムの「スピード売却」は便利!だけどメリットとデメリットも?!

    ノムコムは、


    • 事情により早期処分をしたい人
    • 周囲にバレたくない人
    • 売却活動したけどなかなか売れない人

    に対してスピード売却サービスを展開しています。


    スピード売却サービスとは、ノムコムもしくはノムコムの紹介する不動産会社が買い手となってあなたの不動産を買取ってくれるものです。


    もっと簡単に言うと、業者側が不動産を買取してくれるサービスになります。


    業者が買ってくれれば、当然、早く売れます。


    早く売れれば、それに越したことはないですよね。


    ですが、ノムコムのスピード売却にはデメリットも・・・!


    ここではノムコムのスピード売却サービスをメリットデメリットを解説していきます。


    あなたは”スピード売却を利用すべきか”検討してみてくださいね。

    スピード売却のデメリット

    ノムコムのスピード売却を利用するデメリットは以下の2点です。


    1. 市場の相場価格よりも買取価格が安くなる
    2. 買取りでは不利になりやすい物件条件もある


    それぞれ見ていきましょう。

    デメリット1.市場の相場価格よりも買取価格が安くなる

    買取りの場合、あなたから買い取った物件をリノベーションやリフォームをして新しい商品価値を打ち出したうえで、再販するのが一般的です。


    したがって、

    • リフォーム費用
    • 粗利益
    • 金融機関の融資手続き費
    • 売主に請求できなかった仲介手数料

    などが業者側に負担されるため、不動産仲介よりも65%程度の金額になります。

    デメリット2.買取りでは不利になりやすい物件条件もある

    買取りで仲介と比較したときに不利になりやすい物件もあります。


    • 築年数の浅いマンションや一戸建て
    • 人気エリアの不動産


    勘の良い方はもう解釈できているかもしれませんが、上記のような好物件では、仲介で売却してもすぐ売れる可能性が高いうえに、高値で売却しやすいのです。


    また、敷地の分割ができない土地の場合は、土地活用の幅に制限がかかるため、不動産会社側から断られるケースもあります。

    スピード売却5つのメリット

    ノムコムのスピード売却を利用するメリットは以下の5点です。


    ノムコムの「スピード売却」5つのメリット
    1. 短期間で現金化ができる
      →最短で1日、長くても1ヶ月で現金化!
    2. 瑕疵担保責任から免除される
      →仲介特有の売却後の「売り主買り主間トラブル」を回避!
    3. 資金計画が立てやすい
      →残債があっても業者が金融機関との交渉代行をするから、新居ローン計画が立てやすくなる!
    4. 近所や同僚に売却がバレにくい
      →宣伝活動をしないため、周囲にバレない!
    5. 仲介手数料が免除される
      →仲介の場合に支払う手数料がなくなる!

    メリットについては、あまりにも多すぎるので、簡単に説明しましたが、


    「仲介」に比べて手続き関連が少なくなる分、責任と支出から逃れられる部分が多いのです。


    以上、ノムコムのスピード売却を活用したときのデメリットとメリットを解説していきました。


    さきほどもお話ししましたが、

    • 事情により早期処分をしたい人
    • 周囲にバレたくない人
    • 売却活動したけどなかなか売れない人

    という想いの強い方は、ノムコムのスピード売却を活用しない理由はありませんね。

    ノムコムで不動産査定~売却するまでの流れ

    「ノムコムの評判や口コミが良いとわかったけど、ノムコムの使い方は?」

    という人に、ノムコムで不動産査定するときの流れをStep by Stepでご紹介!

    事前にノムコムで不動産査定と売却の流れと段階を想像できると、入力ミスがなくなり、ササっと進められるので、時間短縮にもなりますよ。

    1. ステップ1:不動産の大まかな所在地を選択

      「都道府県/市区町村/町名もしくは郵便番号」をそれぞれ選択。

    2. ステップ2:査定方法を選択

      「簡易査定/訪問査定」から選択。

    3. ステップ3:物件情報の入力

      ・物件種別(マンション/一戸建て/土地/一棟マンション/一棟ビル/一棟アパート/その他)
      ・物件所在地(番地入力。マンションの場合はマンション名と部屋番号も入力)
      ・現況(居住中/賃貸中/空き)
      ・名義(本人所有/家族所有/共有/その他)
      ・建物専有面積
      ・間取り
      ・築年数
      ・自由記入欄

    4. ステップ4:お客様情報の入力

      ・お名前
      ・ご住所(物件住所と同じ場合は省略可)
      ・ご連絡先(メールアドレス/電話番号)
      ・FAX番号(任意)

      入力ができたら、「この内容で送信する」ボタンをクリック。

    5. ステップ5:査定結果をメールで受け取る

      不動産査定申込み完了後に査定結果がメールで届きます。
      メモ帳やテラパッド、エクセルなどに結果を残していつでも確認できるようにしておくと便利です。

    6. ステップ6:媒介契約

      一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約から契約形態を選びます。

    7. ステップ7:売却活動

      ノムコムの場合は、以下の営業活動がルーティン化されています。
      ・ノムコム.comに掲載
      ・ノムコムメンバーズへのメール配信
      ・レインズへの登録
      ・スーモ、アットホーム等の不動産ポータルサイトに掲載

      そのうえで、購入希望者を集客し、必要に応じてオープンハウスの実施をします。

    8. ステップ8:売買契約

      買い手から”購入申込書”を受領して、価格や売却条件に双方(買い手と売り手)の合意が得られれば売買契約の手続きへ進みます。

    9. ステップ9:引渡し

      残代金を受領する前までに、
      ・隣地との境界線確認
      ・引っ越し、公共料金の精算

      を済ませて買い手に引渡します。

      なお、引渡しに伴う引っ越しに関しては、「ノムコムのお引越し」にてノムコムのサポートもあります。

    以上の流れは、ノムコムの「不動産売却ガイド」にも詳しく掲載されています。


    「ノムコムの評判と口コミ検証ブログ」で不動産売却の流れを確認してもらえれば十分ですが、


    「ノムコムの公式ページでも確認したい」という方はノムコムの不動産売却ガイドも参考にしてみてください。

    ノムコム不動産査定でAmazonギフト券プレゼント【期間限定】

    • ノムコムの不動産査定でプレゼントが貰える
    • 毎月10名に2000円分のAmazonギフト券が当たる
    • ノムコムで査定するだけで貰える

    不動産査定をするときに「お祝いギフト」があるかどうかをポイントにしている人も意外に多いです。


    ノムコムでは、毎月10名に2000円分のアマゾンギフト券が当たるキャンペーンを行っています。


    正直、不動産査定のキャンペーンで”2000円”は物足りなさを感じますが・・・。


    とはいえ、プレゼントがないよりかは絶対にお得です。


    2000円分のAmazonギフト券を使って何か買いたいと思った方は、


    キャンペーン期間が終わらないうちにノムコムの不動産査定で自宅の価値だけでも確認しておきましょう。

    ノムコムの運営会社と会社概要

    まずは、ノムコムの運営会社概要です。

    会社名 野村不動産アーバンネット株式会社
    (Nomura Real Estate Urban Net Co., Ltd.)
    設立 2000年11月6日(2001年4月1日営業開始)
    事業資本金 10億円
    代表者 代表取締役社長 前田 研一
    (まえだ けんいち)
    事業内容
    • 住宅流通事業
    • 投資用・事業用不動産流通業
    • 新築受託販売業
    • 保険代理店事業
    • 不動産情報サイト運営事業(ノムコム)
    所在地 〒163-0576 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル
    • 大手証券会社である野村證券の不動産事業が分離して野村不動産アーバンネット株式会社となる
    • 野村不動産ホールディングス株式会社が持ち株100%の株主で運営開始
    • 不動産ジャンルに特化した大手企業だから、トータルサポートが可能
    • 各種サポートが充実しており、不動産売却に関する悩みはワンストップで解決できる体制が整っている
    • 新築分譲マンションにも注力しているグループ会社だからこそ語れる視点で、中古マンションを魅力的に魅せるサービスが用意されている
    • 2017年度の仲介サービス取り扱い件数8272件。国内シェア第4位!(三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブルに次ぐ取扱件数。三井住友トラスト不動産、三菱UFJ不動産販売が後に続く)
    • ノムコムの月間利用者数300万人。サイト集客力業界トップクラス!

    不動産査定「ノムコム」以外の運用メディア

    野村不動産アーバンネットは、不動産査定のノムコム以外にも不動産に関わるメディアを多岐にわたって運用しています。

    不動産投資部門のノムコムプロはサラリーマン大家にも人気

    ノムコム・プロ(ノムプロ)は、ノムコムの経営母体である野村不動産アーバンネットが運用する不動産投資部門です。


    特徴は、

    • 不動産投資では珍しい「全国が対象エリア」
    • 取り扱い物件が一般企業と桁外れに豊富
    • 賃貸管理や家賃保証・サブリースは協力会社に委託

    といった点です。


    通常、収益用の投資物件では、利回りを回収するために主要都市をメインに運用しますが、ノムコムプロは違います。


    ノムコムプロは北海道から沖縄まで、全国対応なのです。


    さらに、ノムコムプロの取り扱い物件は、マンションだけに留まりません。

    • 一戸建て
    • 店舗事業所向けビル
    • 工場や倉庫
    • ホテルや旅館、寮
    • 土地

    築浅から築古まで、これからオーナーとなる利用者の資産状況によって様々な形態で選べるのです。


    ノムコムプロほどさまざまな形態で選択できるほどの事業規模は、他に見当たりません。


    野村不動産ならではの裁量であり、サラリーマン大家にも人気の理由がわかります。


    ノムコムプロは、賃貸経営のサポートに関しては物足りなさを感じますが、それ以上に全国展開の規模、取り扱い物件の豊富さでは、図抜けているんです。

    「ノムコムの賃貸」で賃貸の選択肢も増える?!

    「ノムコムの賃貸」は、2002年から、運用を開始。


    初めは、エンドユーザー(賃貸を借りたい人)向けのサイトでしたが、2009年にリニューアルオープンして、


    エンドユーザーに加えて大家や投資家(貸したい人)向けの新サービスが追加運用されています。


    ここまで読んでくださっている方は、不動産売却を検討している人が大半だと思います。


    ですので、「ノムコムの賃貸」は「不動産売却と不動産賃貸のどちらにしようか悩んでいる・・・」という人にとって嬉しいサービスです。


    ちなみに、「ノムコムの賃貸」は、


    • 入居者募集
    • クレーム対応
    • 家賃徴収


    など、賃貸として不動産を露出するときにオーナーが煩わしいと思う作業をサポートしてくれます。


    また、以下の基本サポートも付属。


    • 賃貸仲介
    • 賃貸管理
    • サブリース(家賃保証)


    入居者トラブルは、とても厄介ですが、


    「ノムコムの賃貸」は、ノムコムのブランドを生かして賃貸ができるので、入居者層も悪くはないと思います。

    【総評】ノムコムで理想的な不動産売却を

    いかがでしたか。


    ノムコムの悪い評判と悪評を”捨て身な気持ちで”実際に売却査定をしながら、元業界人の視点で検証していきました。


    ノムコムには悪い評判や口コミもありましたが、


    • 買取保証があって安心
    • 精神的な部分もフォローしてくれた
    • 買い替えプランが明確になった


    などのポジティブな評判と口コミもたくさん寄せられていましたね。


    ノムコム は、2017年のオリコン日本顧客満足度で2年連続第1位を獲得しているレベルです。


    そんなノムコムに悪い評判があるのは「人気になるほどアンチが現れる」現象になっているのでしょうね。

    もちろん、全ての人たちに野村不動産の不動産査定サイト「ノムコム」がおすすめできるわけではありませんが、



    • 信頼できるプロにお願いしたい
    • 売れるかわからないから必ず売れる買取保証も利用したい
    • 利用者満足度の高い業者に査定依頼したい



    といった人にとっては、ノムコムの利用価値が高いでしょう。


    しかも、今ならノムコムの売却査定を無料で受けて、あなたの不動産の価値を専門家から教えてもらえます。


    ノムコムがこれ以上人気になって利用者が増えるようなら、査定対応に人員をかけることになり、人件費がかさんで、無料期間が終了する可能性もあります。


    「もう売却することが決まっている」
    「近い将来、売却を考えている」
    「野村不動産の査定価格が知りたい」


    といった人は、無料期間が終わる前にノムコムで査定依頼だけでもしておきましょう。


    さらに、ノムコムから査定依頼すると抽選でAmazonギフト券2,000円が当たるキャンペーンもやっていますので、特別期間を逃したくないなら、査定依頼はお早めに。


    あなたが理想的な不動産売却をできるよう影ながら応援しています。




    ノムコムの不動産査定対応エリア一覧
    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県
    ノムコムをもっと知れるオススメ動画 → こちら